突発性難聴の治療法

それでは、突発性難聴に対する当院の治療法及び考え方をご紹介します。

 

非常にシンプルです。

 

 

 

@体内の老廃物を捨てれば、身体は回復する

 

A診方を変えれば、違う結果が起こせる

 

 

これだけです。

 

 

 

もちろん、西洋医学的な診断法は必要ですし、
患者さんの身体の状態、生活スタイル、文化によって変わってきます。

 

 

しかし、治療と考え方の軸はこれだけです。

 

 

 

まずは動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

STEP1 体内の老廃物を捨てます

耳に新鮮な血液を送るためには、新鮮な血液を造る必要があります。まずは体内の老廃物をカッピングで吸い出せば、新鮮な血液が造られる条件が整います。
カッピングで老廃物を吸出し、胃腸の機能を高め、新鮮な血液が全身隅々に循環されるように整えていきます。
 
 
 
カッピング治療について、詳しくはこちらをご覧ください。
 

 

 

 

STEP2 内臓の機能を高めるツボを刺激します

 全身に存在するツボに鍼をお灸を行い、内蔵の機能を高めていきます。内臓、特に胃腸は人体の発電所ですので、この機能を高めることが非常に重要になります。
また、耳につながるツボの流れ(経脈)にも鍼灸治療を行います。
 
 
 
 

 

STEP3 耳の血流を改善させます

 体内の老廃物を除き、内臓の機能を高めてから、耳の血流を改善させるように治療していきます。
ただ単に耳だけを治療しても、残念ながら難聴は治りません。治療の際は、身体全体を診ていく必要があるのです。
 

 
 
 

 

 

STEP4 聴力の回復を促進させる、刺絡療法

 東洋医学ではあらゆる病気の慢性化の原因となるのは、「オ血」というドロドロ血と考えます。オ血は正常な血流を阻害し、細胞の回復を遅らせます。
どんなに栄養をとったり、高圧酸素を吸ったり、静脈注射をおこなっても、それを細胞に送り届けるのは血液です。しかし、オ血が邪魔をしているため、その効果は半減されてしまいます。
 
当院では、慎重に判断したうえで、オ血が原因となる場合は刺絡療法をおこなっています(オプション治療法)。
 
詳しくはお問い合わせください。
 

 

 

 

 

基本j情報

斉藤鍼灸院     
お問い合わせはこちら
お問い合わせの際に「ホームページを見た」とお伝えください。

 

03-6666-4203

 

※基本的には留守電になっていますので、お気軽にメッセージを入れてください。折り返しご連絡いたします。

 

携帯 090−9967−3284(斉藤)

 

メールアドレス tourouken.0221@gmail.com
 

 

診療時間(予約制)            

 

平日 13:00〜23:00
 

 

土曜 8:30〜16:00

 

祝日  通常通り 
 
 

 

休診日      
日曜日(夜間のみ急患対応可)
 

 

〒135-0011

 

東京都江東区扇橋2-2-6 コーポパリ302
 
(深川立川病院隣。1階が花屋とコインパーキング)

 

都営地下鉄新宿線・半蔵門線「住吉駅」B1出口徒歩6分

 

※お車でご来院の際は、近隣の有料パーキングをご利用ください
 


トップページ 院長紹介 このような方が来院 料金 患者様の声 アクセス